2023新年あけましておめでとうございます。

院長の飯盛です。

2023年 新年明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

去年の3月からブログを更新しておりませんでして

 

長い文章になります。

 

昨年1年間を振り返ってみますと、

 

2人のメインスタッフが産休を取っており、

 

大変、人手が足りない状況から始まりました。

 

メンテナンスの患者様には、日にちを先に延ばしてもらったり、

 

急患で初めて来られる方には、お断りさせていただきました。

 

春頃には、有難いことに、長く当院に通院されています患者さんが、

 

最近認知症になり、そのためのに娘さんが

 

長崎市内から車で約1時間のところから、通院のお世話もされていました。

 

なんとその娘さんが長いこと歯科衛生士の仕事をしていた方で、

 

1年程前にお母さんのために仕事をやめられていたので、

 

当院の助っ人としてお手伝いをお願いしました。

 

今年も継続して仕事をしてもらうようになっています。

 

それから、掃除、簡単な事務処理などの仕事を

 

これも1時間半かけて、

 

高速船とバスを使って佐世保市内から、友人が手伝いに来てくれたり、

 

何んとか半年前半を乗り切ったように思います。

 

夏になると、一人のスタッフが産休から仕事に復帰しました。

 

もう一人のスタッフは、今年1月中旬からの復帰予定です。

 

特に、夏までの前半毎日みんながへとへとでした。

 

他にも、大変なことが

 

当院へ来られた患者さんから、

 

通院したその日、「コロナが陽性だった。」との知らせもらって

 

大慌てしたこともありました。

 

ところ、保健所に相談したところ、

 

「お宅は、しっかり宇感染予防をされています。」

 

とのことで、濃厚接触者として考えなくていい

 

と、休業のピンチを免れることも2回ほどありました。

 

また、私たちの仕事の仕方や技術にも変化っがありました。

 

定期的にミーテイングを行う中で、工夫や効率化を考え

 

2度手間な仕事を段取りを変えたり、物の置き方を変えたり

 

仕事の段取りに磨きがかかりました。

 

私の技術に関してですが、河原英雄先生の

 

総入れ歯のリマウント調整を学びました。

 

入れ歯を1時間ほど預かって、調整をするのですが、

 

簡単にリンゴが丸かじり出来る人が続出です。

 

また、総入れ歯で前歯にを挟んで噛みますと

 

上の入れ歯の奥の方が浮き上がって外れてしまうために、

 

奥歯で噛んでる人が多いのですが、

 

このリマウント調整をしますと、前歯でしっかり噛めるため、

 

だんだん、下下顎の噛む位置が前方にき始める、

 

リハビリ効果があっるようです。

 

実は、このリマウント調整と

 

生体に調和したかみ合わせ調整と

 

舌コントロール療法の3っつの技術を

 

使って総入れ歯を作製し調整をしていきますと

 

すごく噛みやすく、体にいい変化を表す方が増えました。

 

ある方は、血圧や脈拍の激しい変動が減り、手の指が握れなかった

 

のが握れるように握力が出てきたり、リマウント調整直後には

 

正座がすっと楽にできたと喜ぶ方がいらっしゃいました。

 

他にも、週に3日透析に通われ、歩きがフラフラの方

 

新しい総入れ歯を入れ、調整を繰り返すうちに、

歩き方に安定感が出てきて、奥様がいつもそばについていたのだそうですが

 

心配がなくなったとのこと、顔色も大変よくなり

 

「食べることが楽しい」と食欲が出てきて、

 

透析の担当の先生から、食事制限がいらないといわれたそうです。

 

その方の変化を親戚の方見て、佐賀県から足を運んでくださったり、

 

他にもたくさんいいことがありました。

 

総入れ歯でお悩みの方、ぜひお試しください。

 

まあ、大変な1年の中でピンチを免れ、助っ人が増え、

 

仕事の質が向上したことには、

 

きっと、目に見えない何かが見守って応援してくれている。

 

そう思うのです。

 

実は、当院へ来られた方はすぐにわかると思うのですが

 

私は、宗教法人「幸福の科学」のメンバーなのです。

 

神様を信じ、真理を学び実践、

 

(経営理念に真理で学んだことを入れています。)

 

仕事を前向きに努力していくと、

 

神様のみこころにかなう仕事をしていると

 

ちゃんと、ご支援を頂いていること感じます。

 

本当に涙があふれてくるほどありがたいです。

 

さて、なぜこのような内容を書いているのかと言いますと、

 

新型コロナウイルス、世界情勢(ウクライナとロシアの戦争)

 

中国の香港の政治の統一、台湾への侵攻

 

北朝鮮のミサイル、 ワクチン副反応の問題、 ・・・・・等々

 

身近にじわじわといろんな私たちにとって

 

よろしくないことが迫っております。

 

最後に守ってくれるのは政府や法律や自衛隊や医者ではない。

 

幸福の科学では、唯物論ではだめですよ、

 

と言っております。

 

今後、皆様の身に危機がありましたら

 

私が昨年、神様の御心に沿った努力で

 

ピンチを乗り越えられた

 

神様の支援を、見守っている目に見えない存在に

 

涙があfぐれるほど有難く感じている。

 

そのような存在に皆様にも出会ってほしいと思っております。

 

本年も、いいもり歯科一同、精進を重ねてまいります

 

宜しくお願い致します。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。